記事の詳細

f:id:warm-living:20160929125226j:plain

子供が開き戸のヒンジに手をかけている光景を見かけて
「ヤバっ!!」
っと肝を冷やしたことありませんか?…((;゚Д゚)ガクガク

風であおられそのままドアが閉まったら……考えたくない結果です。
この記事を書きながらも思い出し&想像するだけで心拍数が上がってきました(*´Д`)

子供1歳を超えるとどんどん歩けるようになりますので、グッと行動範囲が広がります。家具の角にぶつかったり、ドアに指挟んだり、段差から転落したり、誤飲したり…。怪我をするシチュエーションはいくらでもあります。

そして0~9歳の子供の死亡事故は家庭内が上位です。交通事故死より家庭内での不慮の事故死が多いとのこと。

消費者庁

子供を事故から守る!プロジェクト(PDF)

国民生活センター

医療機関ネットワーク事業からみた家庭内事故−子ども編

 「家庭内事故に関する調査報告書(PDF)(ちょっと古い記事ですが今にも通じます)

誤えんによる窒息、溺死…

浴室のドア、閉めようとしてドアのすき間に手を入れ…

 

電池とか小さくて丸い物は高い所に保管し気を付けていますが、ドアは片づけられません。このような懸念から子供の指詰め防止アイテムがいくつか販売されています。
台風時、風にあおられたドアに挟んで指を…というニュースをたまに聞きます。子供が万が一指切断とか…、子供の一生に影響あるのでぜひ対策すべきです。

以下、私が実践した指はさみ・指詰め防止対策を紹介します。

 

開き戸は「フィンガーアラート」で子供の指詰め防止をしよう!

子供の指はさみ防止アイテムをネット検索したところイイ感じのアイテムを見つけました。

f:id:warm-living:20160929132314j:plain f:id:warm-living:20160929133048j:plain

フィンガーアラート」 1セット4000円前後。

 横幅65mm、高さ120mm、素材PVC、PP

ちょっ…結構高い

1000円ぐらいを想像していたので、すぐに注文ボタンは押せません…。

 

商品レビューをいくつもチェックし、似たような他の商品とも特徴比較し、やはりこの製品が良さそうです。。1000円ぐらいの某指はさみ防止アイテムも良くヒットしますが、ちょっとチープな感じで不安です。

半端にケチって「使えねぇ」の商品をゲットしちゃう方がムダ金です。でもでも、ちょっとお高いので初めは1つだけ購入して使用感を試すことに。

 

フィンガーアラートを貼ったところ、結果良好、安全確保成功!

コチラが貼った状態です。

f:id:warm-living:20160929135028j:plain

透明なのでパッと見、目立ちません。来客の友人にも気づかれなかったほどです。

山のてっぺんは素材が厚くなって堅いです。小さい子供の力では奥に押し込むことはできないでしょう。

f:id:warm-living:20160929140241j:plain

 

側面はドアの開閉がしやすいように、柔らかくしなります。小さ子の力ではヒンジに指を押し込むことはできません。貼り付けた両面テープも強力で、大人の力でも簡単にはがせません。一旦貼って剥がすとカバーが破損恐れあり、張り間違え注意(^^;

これで子供がドアヒンジに手をかけても挟まれる心配は無くなりました!

f:id:warm-living:20160929140242j:plain

 

対象年齢は12歳までとのこと。それまでに怪我防止の教育はできるでしょう。

我が家は開き戸の5か所にフィンガーアラートを使用しました。

玄関ドア

f:id:warm-living:20160929151032j:plain

キッチン横ドア

f:id:warm-living:20160929151129j:plain

メイントイレのドア

f:id:warm-living:20160929151330j:plain

サブトイレ(ユニットトイレ)のドア

f:id:warm-living:20160929151453j:plain

寝室入口のドア

f:id:warm-living:20160929151552j:plain

出費だいぶかかりましたが、子供の指は安全確保でき、安心できるので変なストレスは減ります!

フィンガーアラートの貼り方手順

①フィンガーアラートをドアを開けた状態と、閉めた状態であてがってみて、貼り付け位置を確認

ドアのヒンジ部分が大きく開く側用の「外側カバー」(大きい部材)、その反対の蝶番側の「内側カバー」(小さい部材)が入っています。

f:id:warm-living:20160929133048j:plain

それぞれ貼り付けテープをはがす前にいったん、取り付け位置にあてがって、貼り付け位置を目視確認します。

大・小どちらの部材から張ってもOKですが、「外側カバー」(大きい部材)から張った方がやりやすかったです。

 

②際下端は5mmほど浮かせてください

f:id:warm-living:20160929152639j:plain
床にくっつくほど下げると、床とフィンガーアラートがずりずり擦って、開閉がしづらくなります。私はこれで1度失敗しました…。この画像の下端はギリギリの高さです。カバーをくっつけた後に床に擦っているのに気付いて、いったん剥がして少し浮かせて張り直しました…。

フローリングやカーペットなど床の状況に合わせて5mm~7mm程度浮かせてください。
子供が指突っ込めない程度の高さであればOKです。

 

③一方のテープをはがして「ドア枠」にしっかり貼り付けます

f:id:warm-living:20160929135028j:plain

ドア枠側から張った方がやりやすいです。そして下端は浮かせる必要あるので、下の方からくっつけていった方が良いです。

下端と上端を軽く貼り付けてまっすぐ維持できたら、グッと指で押してテープ内の空気を抜きながらしっかり貼り付けてください。

 

④もう一方のテープをはがし、ドアに貼り付けます

いったん軽く貼ってみて、ドアを開閉して貼り付け位置を確認しましょう。内側に寄り過ぎたり外に開き過ぎたりすると、開け閉めできなくなります。

できればご夫婦で、一人が下でカバーを抑えて、もう一人が上から貼っていく方がやりやすいです。一人でやるとズレやすくなります。縦方向にビシっとまっすぐ貼ると後で剥がれにくいです。

横ズレしたまま貼ってしまい、カバーがドア枠に当たり、何度か開閉したら剥がれちゃいました…。剥がれるようでは意味ないですからね。

 

貼り付け位置が確認できたら、コチラも③と同じように、下端と上端を軽く貼ってグッと指で押してテープ内の空気を押し出しながらしっかり貼り付けます。

 

⑤同じ要領でドア開閉の内側用(蝶番側)に小サイズを貼りましょう

f:id:warm-living:20160929154232j:plain

これまでの①~④の要領で小サイズの部材を貼り付けます。
ちょっと違いは、内側はヒンジの金具があるのでそれをまたぐ様に貼らないといけませんが、日本の規格サイズに合っているので問題無くまたいで貼れるはずです(^^;

貼った後に分かった、フィンガーアラートの注意点

注意1:貼り付けテープが堅く強力なので貼り直しは要注意

安全製品ですからしっかりドアに吸着させる必要があります。そのため粘着力が強いテープが使われています。貼り付ける際にズレちゃうと、いったん剥がす際に、フィンガーアラートかドア枠を損傷させる恐れがあります。

粘着力が強力ですから、壁紙クロスに貼るのはなるべく避けた方が良いでしょう。柔らかい壁紙だとが剥がれる恐れあります。

ドア部分と、ドア枠(金属か木材ですよね?)にしっかりかみ合う用に注意して貼り付けてください。

 

注意2:ドアがしまる方向に力がかかっている

この製品をヒンジ部分に貼ると、ドアが閉じる方向に力がかかります。手を放すと自然とドアが閉まります。
デメリットとかじゃないと思いますが、換気のため開け放ちたい、というときも閉まってしまいますので、その点考慮してください。

参考:子供の指詰め防止アイテム「フィンガーアラート」の最新価格を確認

引き戸の指はさみ防止にはクッション材をドア枠に貼って対応

f:id:warm-living:20160929162245j:plain

ウチの子は引き戸が大好きで、1歳過ぎたころから引き戸の開け閉めを遊びをしちゃっています。

「いないない~……ばぁ~っ」

って、洗面所に隠れて引き戸をバタンバタンやっています…。
使っていなかったコルクシートを張り合わせて子供の指以上の太さにして、ドア枠に貼り付けています。不用品を使ったのでこの対策費は0円です。

でもコルクは堅くて、閉めたときは「ドゥオン!」って壁全体に音が響きます。

いちお引き戸にはソフトクローザー付いていますが、2歳児はソフトクローズする以上の勢いで開けちゃいます。。

 

オレンジのスポンジのドアストッパーと、EVA樹脂のドアストッパーを付けてみたんですが、

f:id:warm-living:20160929163422j:plain f:id:warm-living:20160929163423j:plain

ウチの引き戸とあまり相性合わなくてすぐ滑り落ちちゃいます。使い物になりません。使えるかどうかはやってみないと分からないですね。挟んでもすぐ滑り落ちるのでドア枠に貼り付けました。

f:id:warm-living:20160929164323j:plain

f:id:warm-living:20160929163908j:plain

f:id:warm-living:20160929163907j:plain

両面テープで張り付けるだけ、簡単対策ですが、指はさみ防止には効果あります。
オレンジのやつは、必要な部分だけカッターで切り取って貼りました。高反発素材なので強めにドアを開けるとぼよ~~んと跳ね返ります(^^;

以前ウチの子が勢いよく開けたドアが跳ね返って当たって泣いてましたね…。まぁたまには痛い思いをして学んだ方が良いと思うので、それからは気を付けているようです。でもたまにガーンって勢いよく開けますが、避けてますw

跳ね返るのが楽しいみたいです。。大人はひやひやですが(*´Д`)

 

そもそも子供の指はさみ防止ドアは無いのか?

あります。大和ハウス工業が出してました。

f:id:warm-living:20160929160130j:plain

引用:ダイワハウス

 

キッズデザイン賞を受賞した製品です。

フィンガーセーフドア、フィンガーセーフ折戸 – 1億2700万人のキッズデザイン! キッズデザイン協議会

 

小さい子供を持つご家庭なら、新築・リフォーム時にこの製品導入を検討しても良いと思います。でも、業界詳しくないですが、「大和ハウス」で建てなかったら購入できないとかありますかね?

あと、このドアの値段が知りたかったんですが、検索ヒットしません><;

「お問い合わせください」的なやつですね。

まぁ、値段比較すると恐らくフィンガーアラートの方が激安でしょうけど。

関連記事

ページ上部へ戻る