家具

ロールスクリーンが風でカタカタうるさい!対策はウェイトバーを取ればOK!

本サイトはプロモーションが含まれています

ロールスクリーン音対策

ロールスクリーンが風にあおられて、ウェイトバーが窓枠に当たるウザい音にお困りですね?

解決方法は、ウェイトバーをとっちゃえばOK!

え?取っちゃっていいのか?
友人
友人
yoshio
yoshio
大丈夫、問題ない。

でも今度は軽くなりすぎペラペラして、巻きズレしやすくなりスクリーンの上げ下げがしにくくなります。
そこで、適度な重みのある弾力素材を詰めなおしましょう。

このページでは私が実際に行った、簡単DIYでウザい音を無くす方法と注意点をご紹介します。

ロールスクリーンの風でうるさい音対策

音対策は以下の方法があります。

  • 床までスクリーンを引き出す
  • 窓枠に緩衝材
  • ウェイトバーキャッチャー
  • ウェイトバーを弾力ある素材に置き換える
ロールスクリーン音対策の手段別の特徴
対策 音軽減 見た目 手軽さ
ロールスクリーンを床上でだぶつかせる
窓枠に緩衝材を貼る × ×
ウェイトバーキャッチャー
ウェイトバーを弾力ある素材に置き換える

※私の主観で難易度・見た目を付けています。

一番おすすめは、「ウェイトバーを弾力ある素材に置き換える」方法です!
強風にあおられて窓枠に当たっても、ほぼ音は出ません。

ではそれぞれの方法をチェックしていきましょう。

ロールスクリーンを床上でだぶつかせる

だぶついたロールスクリーン

一番簡単な方法は、床に付くほど引き出して、床上でだぶつかせることです。

掃き出し窓など、床に付くほどの長さがあるロールスクリーンで可能です。

床にウェイトバーが接することで、「弱い風」ならスクリーンの横から風が抜けていきます。
ウェイトバーは床上でゴロゴロして、ウザい音は軽減されます。

ただし「強い風」には無力です。

ブわぁ~っとウェイトバーごと持ち上がり、勢いよく床に叩きつけられるため、ガン!ガン!っと余計うるさくなります😟
集合住宅なら、階下に迷惑かけるので要注意です。

弱い風の時はだぶつかせる、強くなったら全部巻き上げる、って面倒すぎ…。

あと、スクリーンを床まで引き出すと光を多くさえぎる事になり、部屋が暗くなります。
できるだけ部屋は明るくしたいですよね。

ということでおすすめできません。

床上でだぶつかせる方法の特徴

  • 弱い風には音軽減効果あり
  • 強い風には余計音が出てデメリット大
  • 床まで届かないロールスクリーンではできない
  • 風力に応じて引き出したり、巻き上げたりの手間がかかるし
  • 部屋が暗くなるのよ

窓枠に緩衝材を貼る

窓枠に緩衝材をあてがう

「窓枠に緩衝材を貼る」方法が提案されていましたので、やってみようと思いましたが…。

見た目がちょっとアレなのと、スクリーンを自由な高さにできなさそう、です。
窓枠全部に緩衝剤を張るのはちょっと…。

ウェイトバーの裏に緩衝材貼る方法もありますが、スタイリッシュな見た目も損なうし、そのうち剥がれそうですし…。

トライ前に窓枠に緩衝材(スチレンボード)をあてがった時点で、ちょっと遠慮させていただきました。

『ウェイトバーキャッチャー』で固定しちゃう

下端で固定する器具、『ウェイトバーキャッチャー』もあります。

一番下まで引き出し、カチッと固定すればOK。
これでカタカタしづらくなるはず。
両面テープかねじで固定します。

でも強めに風吹くと心配…。
そして、スタイリッシュなオシャレさがロールスクリーンのイイところなのに、余計な器具は見えたくありません。

掃出し窓のロールスクリーンの場合は、床に『ウェイトバーキャッチャー』が付くことになるので、

  • 掃除のとき邪魔
  • 足がつまづく
  • 出入りしづらい

と想像します。

腰窓(壁面の中ほどにある窓)限定アイテムですね。

ということで、私は遠慮しました。

金属のウェイトバーを弾力ある素材に置き換える

床上でだぶつかせる方法は、見た目もだらしないし、結局ウザい音出ます。

「他に良い方法は…そうだ、ウェイトバーを柔らかい物に換えればいいじゃん?」
を思いつくのに1年以上かかりました😅

「うるさいと思わなければ気にならない!」

と、“心頭滅却すれば火もまたすずし”がとごとく、「精神修行」を課してきましたが、やはり凡人にはムリ…。
ストレスが少しずつ蓄積されました。。

静音素材に変えたところ、ウザい音はばっちり消えました!
見た目も問題ありません。
言われなければ気づかれません。
適度な重さもあるので、余計なパタパタもしません。

次の章にて、ウェイトバーを弾力ある素材に置き換えた方法をくわしくご紹介します。
DIYに自信のある方はもっとイイ感じにしてください!

ウェイトバーを弾力ある素材に置き換えると、ウザい音が消せます

ロールスクリーンの多くは、直径1cm程度のアルミパイプが、スクリーンの末端に取り付けられています。

ロールスクリーンのウェイトバーを外す

両端のキャップを取り外せば簡単に引き抜けます。

スクリーンの末端は筒状に縫製されているので、この中にゴム棒を入れれば解決できそうですね。
でも一般家庭に「ゴムの棒」なんて、無いですよね?

まずはホームセンターでゴム棒を入手しましょう。

  • ゴム棒を使う
  • 新聞紙を棒状に丸めて使う
  • ほか弾力ある棒状の何か

など、あなたなの身近にあるアイテムを選んでください。

発泡ゴムのコーナーガードを使って、ウェイトバーと置き換えた方法

近所のホームセンターに行ってみましたが、直径1cm程度のゴム棒は置いてなく、注文になるとのこと。

すぐゲットしたかったし、他店に行くのも面倒なので、他に使えそうな素材を物色したところ、
「コナーガード」
がありました!

コーナーガード

家具の角を覆って赤ちゃんが怪我しないようにしたり、建物の角に取り付けて、車両が接触した際の傷の軽減を図ったりするやつです。

1本1.2メートルで800円。

以外とお値段するんですね…。
多数の色がありますが、見えなくなるので色は何でもOKでしょう。
(というか、あればゴム棒がおすすめ)

今回はコーナーガードでウェイトバーにした方法をご紹介です。

ロールスクリーンとコーナーガード

ちなみにロールスクリーンは「トーソー」の商品です。

ロールスクリーン専門店で探す

手順1:ウェイトバーを外します

ロールスクリーンのウェイトバー

画像の商品は「プルコード式」なのでハンドルグリップが付いており、ウェイトバーを抜くとそのグリップもスルッと外れます。

手順2:コーナーガードをウェイトバーの直径程度にハサミで切ります

ロールスクリーンにコーナーガードをあてがう

発泡ゴムなので、柔らかかく、ハサミで切ることができます。
コーナーガードを裁断

ただ切る時の抵抗が思ったより強いので、小さいハサミでは切りにくいと思います。

私が使ったのは工作用のちょっと大きめのハサミで、段ボールや細い針金も切断できるタイプです。

このぐみゃ~っとした素材は、カッターでは切りにくかったです…。
刃が大きい丈夫なハサミが良いでしょう。
チープなハサミでムリすると、怪我の恐れありです。

お持ちでないなら、一家に一つ、DIYはさみを常備しておくと、今後何かと便利です。

鉄腕ハサミGT
鉄腕ハサミGT
多彩な素材をパワフルに切断できます。
工事現場での業務用から、アウトドア、DIY等の作業に便利!
ブレードの材質:ステンレス鋼
寸法:16 x 8.3 x 2.8 cm

\ワイヤーなど硬い素材もカット/

一家に1つ丈夫なハサミがあれば、作業効率アップで時短に

手順3:切り取ったコーナーガードをスクリーン末端に挿入

ロールスクリーンのウェイトバーをゴム素材に差し替え

スクリーンの左右どちらからでも挿入できます。

これで完成です。
作業時間は7分程度でした。
ロールスクリーンのウェイトバーを音のならない素材に差し替えた

同様にキッチン側の、フィックス窓(はめ殺し窓)のロールスクリーンのウェイトバーもお取替え。
音がしないウェイトバーに差し替えたロールスクリーン

ロールスリーンのウェイトバーを発砲ゴムに差し替え

新聞紙を丸めてもウェイトバー代わりになります

新聞など、大きめの紙を1cm程度に丸めて、ウェイトバーにしてもOKです!

先述の「コーナーガード」がなく、もっと手っ取り早くやるなら紙でも良いでしょう。
ただA4の紙だと、中心まで挿入が難しかったです…。
紙を使うなら新聞紙が一番便利です!

ロールスクリーンを新聞紙でウェイトバーに
↑新聞紙を詰めてもほとんどわかりません。

ハンドルグリップ付けたかったので、中心部はしっかり硬さが出るように、新聞をギュッと丸めています。
両端はペラくても問題ありません。

窓枠などにあたる音はほとんど感じません。

↓動画はわざと叩きつけてペシペシ鳴っていますが、通常の風なら気になる音は全くしません。

挿入するタイプじゃないウェイトバーがちょっと厄介…

浴室のプルコード式のロールスクリーンのウェイトバーは、スクリーンの末端を「Cの字」の棒で挟み込むタイプでした。

バーを外したら、末端に直径が数ミリ程度の、ストローみたいな棒が入っています…。

ストローみたいな芯が入ったロールスクリーン
どうしよ…。

さっきのコーナーガードや新聞紙では対応できないので、ウェイトバーだけ抜いた状態にしています。

それだけでも、一番達成したかったウザい音を無くすという目的は果たしました😅

ツッコミ貰いそうですが、音を何とかしたかったのでとりあえず△。

外しただけなので、作業時間1分です!
ぱたさ~っと風になびくロールスクリーン
ウェイトバーが無いため、弱い風でもパタさ~っと揺れちゃいます。

まぁ浴室なので、入浴以外ロールスクリーンを目にしないから、揺れはあまり気にならないです。
入浴の時は窓閉めるし…。

ちょっと不便になったのが、巻き取り中に手を離すと、ストップ掛からず巻き取りメカ部分でぐるぐるーっと巻き込まれることです…。

ロールスクリーンの末端がメカに巻き込まれる
こちらは反時計まわりに、ぐるんと下から一回転した状態です。

ウェイトバーが付いていれば引っ掛かりますので、巻き込まれることはありません。
ぐるぐる巻き込まれた後は、次に引出しにくくなってしまいます。

そのため、完全に巻き取る前にもう一度ぐいっと下に引いて、5cmほど引き出した状態で止めています。
5cm引き出したロールスクリーン

「洗濯ばさみ」や「ダブルクリップ」で挟む、など案はありますが、いまはこれでヨシっと…。

メーカー様へご提案「はじめから静音ロールスクリーンはできないの?」

購入後に発覚するウザい音で、残念な気持ちにさせないでほしいです。

メーカーさん、風であおられてもカタカタ音がしない、静かな商品をぜひ作ってください!

ご提案「ウェイトバーはゴム棒にしてください」

ロールスクリーンのウェイトバーは、こういうゴム棒使えば良いのでは?

ウレタンゴム
ウレタンゴム円柱
直径10mm~45mm、長さ200mm~1000mm

\ゴム素材に変えて静音化/

お使いのロールスクリーンのウェイトバーと置き換えて、音のストレスなしに!

ウェイトバーは静音素材でお願いします、メーカーさん!

ご提案「音を楽しむ逆転の発想は?」

発想を変えて、「ししおどし」の心地よい「コンっ~」の様に、あえて風流な音を楽しむ素材にするのはいかがでしょう?

ししおどし
またはある風力になると「かえるの歌」が鳴るとか?
ド レ ミ ファ ミ レ ド~♪

ロールスクリーン静音化で気になる疑問Q&A

よくある疑問をまとめます。

そもそもロールスクリーンの静音化をした方が良いでしょうか?

はい、してください。
ウザいカコーンの音は少しずつストレスとなって蓄積します。
奥様が不機嫌になる原因はコレかもしれませんよ。
少しずつ不快感がたまります。

私にもできますか?(女性)

はい、高度なDIYスキルとか全く不要です。
ハサミが使えればOKです。
コチラをご確認ください

ウェイトバーをゴムに置き換えた場合、見た目がダサくなりませんか?

スクリーン末端の巻きの部分に隠れる長さに収めれば、見た目はほとんど変わりません。
細かいことを言えば、ウェイトバー両端にはキャップが付いていますが、これが無くなるぐらいでしょうか。
ロールスクリーンのウェイトバーを外す
デコって、よりおしゃれにしてみるのもアリです。
子供たちに手伝ってもらいましょう。

費用はおいくらでできますか?

1000円以内でできると思います。
私の場合は購入したコーナーガードは800円でした。
これでロールスクリーン4~5個分はいけると思います。
(1個当たり160円~200円程度)
余ったゴム素材は、家具の角に貼ってケガ防止に使ったり、子供の指はさみ防止として引き戸に貼るなど、他の用途でも使えますよ。
もしくは新聞紙を使えば、ゼロ円。
DIYハサミ(2000円程度)は別途必要なので、もしなければこの機会に入手しましょう。

ゴム棒の素材は何が良いですか?

もちろんコーナーガードじゃなくても、ぶつかっても音がせず、ある程度重量のある素材が良いでしょう。
発泡スチロールでは、軽すぎてウェイトバーに向きません。
スクリーンの上げ下げ動作を安定させるためにも、重さが少し必要です。
以下の素材を、お近くのホームセンターでお探しください。
※ご近所にホームセンターが無ければ、ゴム棒はネットでも買えます。

  • コーナーガードの発砲ゴム
  • ウレタンの丸棒
  • 円柱ゴムの棒
どんなロールスクリーンでもゴム棒に置き換えできますか?

コチラみたいに、特殊な形状のウェイトバーは難しいです…。
ウチではウェイトバーを外すだけの対応にしました🙂
もし裁縫ができるならば、末端を筒状に縫い直す、はいかがでしょう?
お裁縫ができれば、どんなロールスクリーンの商品でも、ウェイトバーを置き換えることができるでしょう。

  1. いったんスクリーンの端部をカット
  2. ゴム製のウェイトバーを巻いて
  3. 筒状に縫い合わせる
初めから静音の商品はありませんか?

ちょっと見当たりませんね~、すみませんんん。
あなたからもメーカーさんにぜひ訴えてくれませんか!
トーソー殿
タチカワブラインド殿
ニチベイ殿
サンゲツ殿
ほかロールスクリーンメーカー殿、ユーザーの不満を解決してください!
クレームは宝なりです。

ロールスクリーンはどれぐらいの長さが良いの?

掃出し窓なら床に付いてたるむぐらい、かつ巻き取りメカ部分に一回転以上の長さが良いです。
窓の高さ約+20cmぐらいです。
高さ180cmの掃き出し窓なら、180cm+20cm=200cm
腰窓なら、窓枠下10cm、かつ巻き取りメカに一回転以上の長さにしましょう。やはり窓の高さ約+20cmぐらいかな。

「巻き取りメカに一回転以上」というのは、スクリーンを全部引き出し切ると、メカの金属が見えてダサいためです。
左側はスクリーンを全部出し切った状態、
右側は1回転以上残した状態です。(タップで拡大)

全部出し切るとダサく見えます…。
ロールスクリーン買うときは、1cm単位で長さ指定できますよ!

ロールスクリーン静音化のまとめ

このページでは、
「ロールスクリーンが風吹かれるとウェイトバーが窓枠にあたりうるさい」
の対策方法を紹介してきました。

解決策は「ウェイトバーを取ればOK」でした。
解決策がわかれば、どんな商品も選び放題になります。

「鹿威し(ししおどし)」のように、心地よく「コンっ~」と鳴る商品ならリラックスできるかもですが😌、ロールスクリーンじゃそうもいきません。。
ししおどし

「え、ウェイトバーってとっていいの?」
「とっちゃったら不都合ない?」

と心配になるかもしれませんが、問題ありません、うるさい原因を取り除きましょう。

ただし、スクリーンの末端に何もつけずにいると、軽すぎて、巻き上げのとき「巻きズレ」しやすくなります。
なので、ある程度重さがあり、かつ、ぶつかっても音が鳴らない静音素材を詰めなおしてください。
詳しくはもう一度↑をお読みください。

これからロールスクリーンを買う予定のあなたは、ロールスクリーンのメリット・デメリットを解説したこちらのページもお読みください。

ロールスクリーンの特徴とメリット・デメリット

購入前に特徴を確認しておきましょう。

早速購入する場合は、こちらの専門店をチラ見してください。

ロールスクリーン専門店
海外メーカーから国内メーカーまで、個人用、業務用と幅広い商品の取り扱いあり。

\1cm単位でオーダーOK/

種類がたくさんあるから、お部屋にマッチした商品が見つかります!
部屋をスタイリッシュにイメージチェンジ♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨシオ

このサイトの管理人ヨシオと申します。 仕事と子育てに忙殺されながら、必死に家づくりを計画してきました。 住まいに関してあなたに少しでもお役に立てるよう頑張ります。

-家具
-,


Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedStringException: JSMin: Unterminated String at byte 329: "はい、高度なDIYスキルとか全く不要です。 in /home/warmliving/warm-living.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:214 Stack trace: #0 /home/warmliving/warm-living.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/warmliving/warm-living.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/warmliving/warm-living.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(257): JSMin::minify('\n{\n "@context"...') #3 [internal function]: AO_Minify_HTML->_removeScriptCB(Array) #4 /home/warmliving/warm-living.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(108): preg_replace_callback('/(\\s*)(<script\\...', Array, '<!DOCTYPE html>...') #5 /home/warmliving/warm-living.com/public_html/wp-content/plugins/ in /home/warmliving/warm-living.com/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 214