家具・インテリア

ロールスクリーンのデメリット6つ!うるさい/巻きズレ/掃き出し窓は難…

カーテンからロールスクリーン変えたいけど、失敗しないか不安ですよね。
せっかく買ったのにうまくいかなければ、お金が持ったいないし、残念なことに。

でもやってみると、意外と簡単にオシャレな部屋に変身できます。

今あるカーテンレールに取り付けるタイプや、突っ張り棒タイプもあるので、賃貸物件にお住いのあなたでもロールスクリーンにすることは可能です。

ロールスクリーンのデメリット

  • ウェイトバーがうるさい
  • 掃出し窓には不向きかも
  • 片方に巻きズレがよく起こる
  • 遮光性は弱い
  • 遮音性が弱い
  • 断熱・保温性が弱い

このページでは、私が実際にロールスクリーンを使った経験をもとに、メリット・デメリットを紹介します。

ローススクリーンのデメリット

次のデメリットがあります。

風が吹くとウェイトバーがうるさい
掃出し窓には不向き
巻きズレがよく起こる
遮光性は弱い
遮音性が弱い
断熱(保温性)が弱い

では詳しく解説していきます。

風が吹くとウェイトバーが窓枠にあたりウザい音が出る

ロールスクリーンは、もれなく「ウェイトバー」が装着されています。

ロールスクリーンのウェイトバー

風が吹くと、スクリーンが吹き上げられウェイトバーが持ち上がり、窓枠にカコーンと当たる音が出ます。
はっきり言ってウザいです…。

単純な話、スクリーンを最後まで巻き上げてしまえば音は出ません。
でも目隠しや遮光はできなくなります。

「ウェイトバーが静音タイプ」を探しましたが、見つかりません…。

フィックス窓(はめ殺し窓)に設置するから大丈夫、と思っても油断できません。
室内は風が通り抜けるはずです。
その際カコンと音が鳴る心配があります。

一応、↓コチラの方法でウザい音を無くすことは可能です。

ロールスクリーンが風にあおられてカタカタうるさい!このウザい音を簡単に無くすにはウェイトバーを取ればOK

掃出し窓に付けると出入りが面倒に

出入り兼用の掃き出し窓には不向きです。
かといって不可能ではありません。

実際ウチでは掃き出し窓3か所に、取り付けています。

掃き出し窓に取り付けたロールスクリーン

カーテンなら横を少しずらせば、簡単に出入りできます。

ロールスクリーンは上下の動きなので、頭の上まで引き上げないと出入りがしにくいです。
(いちおう半分ちょっとまで引き上げて、かがんで出入りはできます)

カーテンをサッと横にずらす動作に比べ、ちょっと面倒…。
掃き出し窓にロールスクリーンは、不便を覚悟してください。

片方に巻きズレが起こりやすい

よく巻きズレが起きます。

ロールスクリーンの巻きズレ

ロールスクリーンの構造的に、避けられない現象です。

巻き上げる際ウェイトバーが左右どちらかに揺れると、片方に巻きズレが起きてしまいます。

一応、毎回どちらか一方にタケノコ状の巻きズレになる場合は「調整シール」を貼ることで改善できます。

丁寧に巻き上げればちゃんと巻き取れますが、急ぎ動作で巻き上げた時に、巻きズレが起こります。

うちには、高さ3メートルのはめ殺し窓にロールスクリーンをつけています。
大体半分巻いた時点でズレちゃいますね。

「ズズ~」っと片側がメカに擦っている音がします。

巻き上げ中盤ぐらいで、ウェイトバーを反対側にちょい寄せして、そ~っと巻き上げるとちゃんと巻けます。
ちょっと手間…。

腰窓のロールスクリーン
1mちょい程度の高さなら巻きズレしにくいですが、3mのような長~いスクリーンは、キッチリ巻き上げるのにコツがいります。

カーテンより遮光性は弱い

デメリットなのか微妙ですが、一応挙げておきます。

ロールスクリーンは、カーテンに比べて横から光が漏れやすいです。
ロールスクリーンの横から光が漏れる

またスクリーンの素材自体も、日光が透けちゃいます。
東側の掃出し窓に取り付けたロールスクリーン(遮光等級2級)は、これぐらい透けています。
ロールスクリーンに隠れた子供が透けてバレる

うちの子がかくれんぼしていますが、本気で隠れているつもりです😆
ちょーかわいいでしょw

かくれんぼですぐバレたくなければ「遮光1級」の製品を選んでください。

メカが巻き取れる厚さに限界があるので、完全遮光できるほど厚みが取れません。
(カーテンなら100%遮光可能)

朝・夕の、水平に入ってくる日光は、まるで影絵のようなシルエットが浮かび上がります。

夜なら部屋の明かりで、中から外へボディラインが透けます…。
とくに脱衣所での使用は、遮光等級にご注意ください。

数字が大きくなるほど、透けやすくなります。

遮光等級

1級(うっすらシルエットが映る)
2級(ボディラインが判別できるぐらい透ける)
3級(顔の表情がわかるぐらい透ける)

ウチではそれぞれの部屋で、真っ暗にしたくなかったので、あえて遮光2級を採用しています。
お隣さんの視線をブロックできれば十分です。

遮音性が弱い

遮光でも述べましたが、厚みが取れない分、遮音性もカーテンより弱いです。

カーテンだと厚みがとれるので、室内外の音を少し軽減できますが、ぺらぺらのロールスクリーンで遮音は期待しないでください。

窓枠との隙間も空きますので、音はダダ漏れです。

断熱・保温性が弱い

これも先述したとおり、厚みが十分取れないので、スクリーンの素材自体から熱気(冷気)が漏れます。

そして窓枠との隙間もできやすいので、熱が漏れ出ちゃいます。

少し断熱性能を高めたハニカム・サーモスクリーンというものがあります。
(ちょ、お値段がアレですが…)

ロールスクリーンのメリット

見た目スッキリ!圧迫感が無い

カーテンのような重厚感は無く、つるっとスッキリした見た目になります!
ロールスクリーンにしたいあなたも、このメリットのためですよね?


引用:楽天

カーテンは、全開しても窓枠の左右どちらかにカーテンの束が残り、どっしり重い感じになります。

ロールスクリーンならば、全開すれば巻き取りメカに完全収納され、目立ちにくくスッキリした空間になります。
窓は部屋の印象を変える重要なパーツなので、グっと部屋の印象が変わりますよ。

友人・恋人・家族にいいねと褒められるかも!?

軽快なインテリアにしたい、オシャレさんなあなたにオススメです!

日光を水平方向に調整できる

日光が水平に入る、東西の窓にロールスクリーンは有効です。

ロールスクリーンは、上下の動きなので、窓の下側から日光を取り込めます。

そうすると、目に直接日光が入らない高さで、イイ感じに調整できます。
東側窓のロールスクリーンから差し込む朝日
お隣さんの目線をさえぎる高さで、適度に明るくなるまで巻き上げて使っています。
写真は暗めになってますが、実際の部屋は問題ない明るさになっています。

カーテンだと縦方向に隙間ができるため、朝・夕の水平に入ってくる日光は、部屋のずっと奥まで届いてしまいます。
奥まで光を入れたくないとき、またはお隣さんの目線を遮りたいときは、全部閉めるしかなく調整が難しいです。

カーテンで下側から光を入れたいときには、下側と中間をクリップで止めて調整していました。
見た目はチョーダサくなります😑

南側の窓からは、目線に刺さる日光は入ってこないので、カーテンでも調光は問題ありません。

色や柄、デザインが豊富

デザインが豊富にあるので、実現したいインテリア似合う色や柄があるはず。

単色や柄もの、キャラクター、あなたオリジナルのプリントなどのデザインから、


すだれタイプ

調光タイプ

ハニカムタイプ

 
などの構造の違いまで、デザインが豊富です。

インテリアに合わせて最適なデザインを選びましょう!

yoshio
yoshio
では次に、購入前に知っておきたいロールスクリーンの特徴を確認しましょう!

ロールスクリーンの特徴

巻き上げ方法は3タイプあります

スクリーンの上げ下げ方法は、

  • チェーン式
  • プルコード式
  • ワンタッチチェーン式

の3タイプがあります。

チェーン式

室内階段踊り場の窓など、窓枠上部まで手が届かない窓は、チェーン式が向いています。

階段踊り場の窓

ボールチェーン(ひも状のプラスチック製で輪になっている)が、本体の右か左にぶら下がっており、このチェーンを回して開け閉めします。

どんな窓にも対応できます。

チェーンの長さは購入時にオーダーできるので、お好みの長さで設置可能。

一般的に横:縦の比=1:8 まで製作可能です。
(例)幅50cmなら高さ400cm(4メートル)まで可能

【注意!】
ロールスクリーンのひもが巻き付く事故例
「ブラインドのひもが子供の首に巻きつく」事故が起きています。
小さい子供がいる家庭では、十分注意してください。
参考:東京都消費生活総合センター

プルコード式(スプリング式)の特徴

ウェイトバー中央の紐(プルコード)を下にちょいと引くと、スクリーンが巻き上がるタイプが「プルコード式」です。
ロールスクリーン(プルコード式1)

プルコード式が向いている窓は、窓枠上部まで手が届く窓です。

スクリーンを下げるときは、プルコードを下までグーっと引っ張ればOK。

片手でさーっと上げ下げできるので、私はこのほうが好みです😄

ちょっと値が張るいい製品は、巻き上げ終盤でゆっくりと完全収納します。
そうでない製品は、最後まで勢いよく巻き取られ、バ~ンとメカにぶつかります。(ウチのはそれ)

また「プルコード(ウェイトバー中央の紐)」は、お好みで不採用にすることができます。
その代わりにハンドルグリップを付けることも可能です。(ウチのはそれ)

掃出し窓に採用するなら、ハンドルグリップが便利です。

ウチの浴室の窓にプルコード式を採用していますが、スクリーン閉め忘れてマッパで浴室にINしちゃっても、サッと引き下げられます。
チェーン式だとゆっくり下がりますから、見えちゃう…。

一般的に、横:縦の比=1:3 まで製作可能です。
巻き取りメカの仕様上、チェーン式より縦方向の比率が短いです…。
(例)幅80cmの掃き出し窓なら高さ240cmまでOK。十分ですかね。

ワンタッチチェーン式(チェーン式+プルコード式)

チェーン式とプルコード式を合体させたタイプもあります。


左右どちらかにチェーンが付いており、チェーンをちょい引くと巻きが上げ、チェーンをシャーシャー引くと下げられます。
(動画参照)

二つのいいとこ取りタイプですね。
次回の購入で検討します☆

掃出し窓のプルコード式は、下まで下げる時のかがむ動作がちょい不便でしたが、このタイプならラクかな?

ロールスクリーンで出来る事

縦に細長い窓がオシャレになる

縦に細長い窓に最適です。

ロールスクリーンは「縦長が得意」です。
縦長の窓をはロールスクリーンにして、おしゃれな空間にしちゃいましょ!

横長の窓枠なら、2つ3つ並べて使うこともできます。
2つ横並びで設置したロールスクリーン

「テンションバー」でネジ止めせずにロールスクリーンをどこでも設置できる

カーテンレールが無いまたは、ネジ止めできない・したくないお宅では「テンションバー」を使いましょう。

ウチの洗面脱衣所と、浴室にはテンションバーを使ってロールスクリーンを設置しています。
TOSOテンションバー90cm

ネジ止めしなくて良いし、超絶便利!

壁に突っ張って物を隠すなど、窓以外の仕切りにも使えます。

引用:楽天

女性でも簡単に装着できますよ。
(最後の締め付けはちょっと力いりますね…)

賃貸のお部屋なら穴あけできないですが、このテンションバー使えば、壁を傷をつけることなくロールスクリーンを設置可能!

価格は3000~6000円ぐらい。

掃出し窓など幅広タイプはコチラ。

オリジナルプリントもできる

綺麗な風景やイラストがプリントされたロールスクリーンもあります。

引用:ロールスクリーンbisi

これでよりオシャレな窓にできますね!

少しお値段がかかりますが、世界に一つだけのロールスクリーンが作れます。

  • 自分で撮った風景写真
  • 結婚/出産/家族写真
  • 友人たちと記念写真
  • 会社のイベント/店舗など

などで活用できそうですね!

ちなみにロールスクリーンではなく、賃貸物件の壁でも安心な、壁に貼って剥がせるオシャレな壁紙もあります。

ロールスクリーンの購入~取り付けまでの流れ

  1. 下記3大通販サイトから、価格や性能(防カビや撥水、洗濯可…)の条件を入れ検索
  2. ヒットした商品画像から、好みのデザインを探す
  3. 窓枠サイズを指定して注文
  4. 届いたら、窓枠に取り付け(カーテンレールまたは、壁にねじ止め)
ロールスクリーンの代表的な日本企業
メーカー特徴
トーソー株式会社(TOSO)カーテンレール類の国内シェアが50%(国内トップシェア)、ブラインド類は国内シェア15%というメーカーです。
おもに新築住宅向け・業者向けの傾向が強い。
タチカワブラインド業務用、家庭用の「ブラインド」の専門企業。
株式会社ニチベイおもに業務用ブラインドに強みがある。
株式会社サンゲツおもに業者向け壁紙メーカーとして有名。

主にこれらメーカーの商品選びになるはず。

特に気にせず見た目の判断でOKです。
いくつか見ていると、大体の相場がわかるはず。
サイズが同じなら、どの通販サイトも同様の価格になります。

私は、ポイントがどれぐらいつくか、を気にする程度でした。

もし極端に安い海外製があっても、選ばないほうが無難です。
失敗しないためにも、安心品質の日本企業がおすすめです。

うちはたまたまTOSOを選びました。
TOSOは商品が豊富なので、あなた好みの商品が見つかりやすいでしょう。
「レーザーカット」の装飾もできます。

まとめ

このページではロールスクリーンのメリット・デメリットを解説してきました。
使って分かった一番のデメリットは、風が吹くと「カコン」と、ウザい音がすること。

他のデメリットは、それほど問題ではありません。

それよりオシャレな部屋になるメリットが大きいと思います。

関連する「ロールスクリーンのウザい音をなくす方法」もお読みください。
ロールスクリーン買ったら↑の対策をおすすめします。

ホームセンターでも買えますが、やはりネットの方が商品数が多く、好みの商品が見つかりやすいです。
こちらの3大通販サイトを使えば失敗はありません。

楽天 / Amazon / Yahoo

関連する広告

-家具・インテリア
-

© 2022 生活用品レビュー【暖かい生活】