記事の詳細

マウスを持つ手首、痛くありませんか?

かれこれ10数年、IT業界で仕事していると体の不調がどんどん出てきます。。
視力は落ちるし、手元の細かい字もぼやけるし(老眼!)、腰は痛くなるし、姿勢は悪くなるし…。
その中で一番つらかった手首の痛み、マウス腱鞘炎を解決したお話です。

「普通のマウス」を持つ手首の角度は、実は不自然に曲がった角度なんです。
その無理した姿勢で何年も仕事をしていると、そのうち手首がやられます。

手首の痛みや腱鞘炎対策を調べたところいい製品がありました。

 

腱鞘炎防止マウスです。

 

f:id:warm-living:20160503005111j:plain

見た目は奇妙な形ですが、人間工学に基づいた手首に優しい形なんです。
3年ぐらい前に購入して、今でも愛用しています。

使用直後から痛みが和らぎます。
手首が痛くならない角度、無理してひねらない角度に保っていますから、即効性があります。
お値段もそれほど高くないですから、今手首の痛みでおつらい方は、絶対試す価値アリですよ。

腱鞘炎防止マウスのメリットデメリット

メリット
①手首が痛くならない
当然ですが、痛みを緩和できることが最大のメリットですね。

デメリット
①マウス→キーボード、キーボード→マウスに手を移動する時にマウスにぶつかる
ぶつからなくなるまで1年以上かかりました、今でもたまにぶつかります…。
普通のマウスより高さがあるので、手を移動すると当たっちゃうんです。
慣れれば避けられるはずですが、私はちょっと時間がかかりましたね。

②慣れるまでクリック操作に指が混乱する

私は慣れるまで1週間程度かかりました。
妙な角度にボタンがあるので使い始めは少し混乱しますが、すぐに慣れます。

 

自己流の腱鞘炎治療に要注意

手首が痛い&日中パソコン業務中心ならマウス腱鞘炎かもしれません。
マッサージとかツボ押しとか温める(冷やす?)とか、腱鞘炎を緩和する処置を自己流で行っても改善できるかわかりません。間違った処置をするとさらに悪化させる危険性もありますから注意です。
痛みが強いなら整形外科を受診すべきです。

腱鞘炎の整形外科における治療

①患部を安静に保つ
②消炎鎮痛剤、湿布薬などを処方
③ステロイド注射で炎症患部を抑制
④手術(腱鞘の一部分を切開して拡げる腱鞘切開など)

参考/溝口外科整形外科病院-トピックス-手指の腱鞘炎-

腱鞘炎の予防

①良い姿勢、自然な姿勢を保つ→偏った姿勢をしない

f:id:warm-living:20160503013501j:plain

Amazon.co.jp: VESSEL 腱鞘炎防止

マウス腱鞘炎なら腱鞘炎防止マウスが大変有効です。

私は車のハンドルを握る位置10時10分が自然な手首の角度になりますから、そのような矯正をしてくれるマウスを探しました。

使用しているマウスはこちら。

f:id:warm-living:20160503013721j:plain

Amazon.co.jp: エバーグリーン 人間工学に基づいたエルゴノミクスなペンマウス

製品によって角度やグリップの形が色々あります。

レビュー内容や勘で選んで良いでしょう。試してみないと自分の症状に合うのかわかりませんから…。大型家電店には実物を置いていることもありますから、試せる方は握って感触を確かめましょう。

 

②マウスパッドも人によっては有効です。
私は凹凸がない平たいマウスが好みです。手首部分がこんもりしていると妙に力が入って手首が疲れます。
少々出費かもですが、手首部分がこんもりしたタイプと平たいタイプを使用比較すると良いでしょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る