記事の詳細

ガスより安全なIHクッキングヒーターですが、本体価格も高価で設置費用もそれなりにかかります。ネットで最安価格で検索しても、作業工賃を考慮しなければ実は高くつくかもしれませんよ。

この記事ではIHを設置する際に想定される作業をご紹介します。

 

IH取り付けで想定される作業とは?

IH設置で必要な作業について、我が家に取り付けてもらった電気屋さんから伺った内容を基に、ガスコンロからIHクッキングヒーターに変更する場合に必要な主な作業をご紹介します。

ご家庭の状況はそれぞれ異なりますから、設置業者に見積りしてもらう必要があります。例えば元々IHを使っていて新しいIHへの交換の場合は、電気配線やガス閉栓はおそらく不要です。

100V→200Vの電圧切替

IHクッキングヒーター、エアコン(主に10畳以上)、エコキュートなど電気を多く消費する家電では200vの電圧が必要です。分電盤でIH用ブレーカーを100vから200vに変更する必要があります。

多くのお宅のブレーカーでは工賃発生するほど大変な作業ではありません。ポチっと簡単な作業で変更できるので、作業費を請求されたら「なんで?」と理由を聞いた方が良いです。

ただし古いお宅の場合は下記の「単相3線」への改修工事のように、200vへの切り替えも工賃が必要になるかもしれませんね。

 

場合によっては「単相2線」→「単相3線」に変更工事が必要になります

IHは単相3線式 200Vが必要です。(卓上用の小型でないタイプ)

現在の多くの住宅では単相3線になっているはずですが、古いお宅は単相2線式の可能性があります。(単相2線→単相3線への工事費目安

もしこの場合は残念ながらちょっとお高い工賃(10万円ぐらい)が必要になるかもです。

メインブレーカーの容量アップ工事

お使いの電力会社がアンペア制の契約なら、40A以下なら50A以上に必要かもしれません。200vのIH製品は恐らく30Aが必要です。

ちなみに電気の基本料金はアンペア制と従量料金制がありまして次の特徴があります。

 アンペア制従量料金制(最低料金制)
特徴電力会社とご家庭で最大電力を決めて契約する制度です。「契約アンペア値」を超えるとアンペアブレーカーにより電気が遮断されます。使用した電力量に、電力量料金単価を乗じて料金を決定します。
電力会社東京電力、北海道電力、東北電力、中部電力、九州電力、北陸電力関西電力、中国電力、四国電力、沖縄電力

昨今の電力自由化で様々な契約プランが出ていますので詳しくは、お使いの電力会社のWEBサイトをご確認ください

 

そして分譲マンションなどで注意することがあります。

マンションに引き込まれている大元の電気容量が決まっているため、個別にアンペアの容量アップができないことがあります。

Q:キッチンをIHクッキングヒーターに変更したらブレーカーがよく落ちるようになったので、電気の契約容量を変更したいのですが、可能でしょうか?

A:宅内の電気容量については、電力会社と個人との契約になりますので、電力会社に連絡すれば電気容量の変更は可能ですが、マンションの場合は、マンション全体で使用できる電気容量に制限があるため、戸建の住宅のように自由に変更できるかというとそうではありません。
マンションを購入した際のパンフレットや図面に契約できる電気容量の上限が明記されている場合もあるので、確認してみてください。
どこにも記載がない場合は、変更する前に管理組合や管理会社に問い合わせて確認する必要があります。
契約を変更した後でトラブルになると、余計に手間も時間もかかるので確認してから実施するようにしましょう。

マンション暮らしのQ&A│マンションのWa

 賃貸マンションならそもそも設備を変更するのはNGが多いので、200vではなく100vの小型タイプしか選べないでしょう。

 
ブレーカー(分電盤)からキッチンまで電気配線

IH用に200vの電気配線が必須になります。キッチン周りには大抵100vコンセントはあると思いますが、その配線や配管が使えなければ、場合によっては大掛かりな改装工事になります。

現在新築計画中で、ガスコンロを設置予定であっても、10年後はIHにする可能性もありますよね?その時に備えて電気配線計画をしていた方が良いですよ。

「今はガスだけど将来IHにするかもしれないので、キッチンにIH用の電気配線がしやすいように計画してください」

と業者さんに相談してみましょう。100v→200vに切り替え可能なコンセントをコンロ近くに設置しておくとか、いくらか方法はあるはずです。

ちなみな私の場合は、やっぱりガスコンロにしたいと思うかもしれないので、キッチンまでガス配管を行っております。オール電化は未体験で不安だったので、後でガス管を引き込むのは大掛かりな改装工事&多額の費用が予測できますから、外のメーターボックスには念のためガス管を引き込んでいます(^^;

f:id:warm-living:20160522212809j:plain

この写真の手前の黄色レバーの管と緑のチューブをつなげれば、ガスコンロが使えます。

IH用コンセント取り付け

IHは3つ口です。

f:id:warm-living:20160522193640g:plain

f:id:warm-living:20160522194229j:plain

 

IH用ブレーカー(漏電しゃ断器)取り付け

電気食いますので専用のブレーカーを設置する必要があります。空きブレーカーが無ければ増設工事になります。

アース線設置

安全のために必ず行います。

f:id:warm-living:20160522181717g:plain

設置工事説明書 – 日立の家電品

キッチンのガス栓を締める、またはガス閉栓作業(ガス業者への依頼が必要)

たとえガス管にキャップを閉じるだけの作業であっても、ガス漏れ事故を考えるとプロにお任せしましょう。数千円ケチって「ガス漏れしないかな(;´Д`)」とずっと不安になるのは精神衛生が良くありません。

ガスの使用をすべて中止するならガス業者とあなたが立ち合いで、閉栓作業が必要です。閉栓作業事態はおそらく無料で、最後の月のガス料金の精算をすれば良いです。

IHの設置枠取り付けまたは交換

f:id:warm-living:20160522195840j:plain

 三菱電機 IHクッキングヒーター:IH取り付け

壁付けI型キッチンによくある据え置き型なら、IH本体を置くだけで簡単設置です。据え置き型ガスコンロからビルトイン式IHに変更場合は、キッチンに合わせて設置枠を用意する必要があります。

ペニンシュラ型キッチンやアイランドキッチンならおそらくビルトイン式ガスコンロと思いますのでそのままハマるかもしれませんが、サイズが合うか業者さんに確認してもらう必要があります。

既設のガスコンロ処分

無料引き取りしてくれる業者、そうでない業者がいると思います。設置前に確認しておきましょう。

 

作業車を留め置くスペースの確保

特に駐車場に厳しい都市部では、自宅に作業車を留め置く場所が確保できなければ有料駐車場費が発生するかもです。

 

 

IH購入・設置をウチの場合でご紹介

見積りについて

IH本体価格と工賃すべてコミコミでxx万円のタイプや、細かく作業別に工賃を提示するタイプ、本体価格は安いが工賃は高いタイプなど様々。

先に紹介した設置作業以外に、さらに細かい作業や必要な材料があるかもしれません。見積りして頂く際にどんな作業が必要か、具体的な費用はいくらか確認しましょう。
そして必ず相見積りをした方が良いです。

私は4社(家電量販店2社、街の電気屋さん、ホームセンター)から見積もりを取りました。
本体価格・工事費・アフターメンテ・対応の気持ちよさ…など、最終的な価格だけではわからない良さ、サービスがありますから、ものぐさせず複数の見積依頼をおすすめします。

ガスコンロから取り替えの際は、設置作業をしてみないと分からない不明部分もあるでしょう。見積もりを取る際、不明部分の対応はどうなるかヒアリングして、丁寧に説明できた業者を選ぶ方が安心かと思います。

IHは他の家電と比べて、特に安全性に気を配る必要がある家電です。

金額と対応の丁寧さアフターメンテなどトータルで検討しましょう。ネットで最安価格だけ注目しては失敗のもとです。

 

購入したIHは?

三菱電機びっくリングIH

CS-PT34HNWSR

消費電力:5.8kW

希望小売価格:425,000円(税別)

発売日:2014年10月21日

 

びっくリングIHを選んだ理由

・びっくリングコイルの調理が良さそうだった、ゆで方がオシャレ
・グリルの熱風調理が良いと思った、流行りのノンオイルフライができる
・あと、紹介イベントでお姉さんのプレゼンがうまかったw(他のメーカーさんプレゼン頑張れ~)

 

いくらで買ったか?

街の電気屋さんから、

198,000円(税別・設置費不用)

で買いました。

いま価格コムなんかで見るともっと安くなっていますが、購入当時(2015年3月ごろ)は発売から1年経っていないし、これで結構安い方でした。

ウチは新築時のIH設置でしたので、電気配線は電気工事業者が家中まとめて電気配線を行いますから、IHの設置工事費は不要で、IH本体価格だけですみました。

 

そしてエコキュートと同時購入だったのでディスカウントしてもらえたと思います。

エコキュートが390,000円+設置費50,000円
IHと合計は638,000円、消費税8%の51,040円を足して→689,040円
高額商品のお買いものは消費税8%が重いですね~

まとめ買い割引39,040円を引いてもらい、
IHとエコキュート&工賃、税込みで650,000円に丸めてもらえましたヽ(*´∀`)ノ

さらにこの合計額は延長保証8年込みの値段です。

f:id:warm-living:20160522203636g:plain

エコキュート:25,097円
IHクッキングヒーター:7,663円

2つの8年保障料だけで32,760円かかりますからナイスサービスですね。

他の家電量販店(ヤマダとかベストとか)、ホームセンターと比較した結果、数万~十数万円の差がありました(全部で80万とか)。やはり複数の見積りは取るべきです。
大型店は融通聞かないのかな?個人商店は値引き交渉しやすいかもです。

 

以外と街の電気屋さんも安い

三菱電機の取扱店で購入しましたが、こちら経由だと保障費とか値引きしやすいかもしれませんね。
詳しくは三菱電機のショップリストの店舗でお訪ねください。

f:id:warm-living:20160522204137j:plain

三菱電機 ショップリスト

パナはこちら

安売り以外の独自路線で商売する街の電気屋さんも話題ですが、私が買ったとこみたいに安さも勝負している電気屋さんもあるんですね。量販店以外も要チェックです。

関連記事

ページ上部へ戻る