記事の詳細

家づくりで意外に忘れがちなゴミ箱の置き場所。
オシャレなキッチンやカップボードに意識が向きすぎて、
住み始めてから、

「あ!」

っと気づくこともあるようです。
計画時にきちんとゴミ箱置き場を計画しておかないと、使い勝手とオシャレさが悲惨なことになりますから、ここできちっとゴミ箱置き場について考えてみましょう。

基本はゴミが発生する場所にゴミ箱を置く

一番発生するゴミといえば「燃やすゴミ」ですね。
出来ればゴミが生まれる場所にゴミ箱があると便利です。


オシャレな赤いゴミ箱!

リビング、洋室、洗面所など、それぞれの部屋に一つ以上はゴミ箱を置くと思います。

特にキッチンは生ごみや牛乳パックや肉のトレーなど、いくつものゴミがバンバン発生する場所ですから、大き目のゴミ箱が必要&調理台・シンク下に置く方が便利です!

でもそこはキッチン収納の一等地。

収納をとるかゴミ箱置き場にするか、キッチン計画にとって

勇気いる決断

になってしまいます(^^;

私が使ってみた結果から、ゴミ箱置き場はその一等地に置くべきである理由を解説していきます。

ゴミ捨て動作を考えてみよう

キッチンにおける、収納動作とゴミ捨ての頻度を比較してみると、

シンク下キャビネットの開け閉めゴミの発生&ゴミ捨て

ではありませんか?

調理時の野菜くず、子供用のチーズの包装やヨーグルトのカップ、納豆の容器、食べ残し、排水口のくず受けの処理…
多彩な燃やすゴミが頻繁に、無限に発生しますから、これらは秒殺したいです!


秒殺できそうなでかいゴミ箱

調理台から1メートル以上離れた場所にゴミ箱を置いてしまうと、使い勝手が急激にわるくなります。
旧宅での経験ですが、壁付けI型キッチンで、シンクと並行して小型のキャスター付き収納カウンターをⅡ型(セパレート型)のように置き、そのカウンターの横にゴミ箱を置いていました。

 

ジャガイモの皮や洗った野菜のくずを捨てる際、シンクから振り返ってゴミ箱に入れる間に、ポタポタと水が床に垂れてしまいます。

シンクに置いたゴミをまとめて捨てる時も、ゴミ箱をシンクまで移動させてポイして、元の位置に戻す、という手間がかかっていました。

その捨てる動作が面倒で、しばらくシンクにゴミを放置するなどしょっちゅうあり、美観も損ねていました。

シンク下収納の開け閉めはそんなにしない

旧宅ではシンク下に収納スペースがありました。

賃貸のキッチンですから、排水パイプがどーんと真ん中を通ったタイプで衛生面がちょっとアレだったんで、洗剤など口にしない系のストック品を置いていました。

調理の度に開け閉めするわけではなく、使用頻度はゴミ捨てに比べたら断然低いです。

使用頻度が低いアイテムは少し離れた場所にあっても、使い勝手に問題はありません。

キッチンのゴミ箱置き場はシンク下にすべき理由3つ

ほんの少しですが作業時間短縮にもなるし、衛生面も向上します。調理台orシンク下はオープンにしてゴミ箱を置いた方が作業効率アップする理由を解説致します。

その1 シンク下にゴミ箱は時短効果抜群

忙しい大人は時間が大事です。新築やリフォームするなら、今より5秒だけでも作業時間が短縮できる間取り、レイアウトを考えましょう。

作業時間がほんの数秒違うだけでも、毎日毎日何回も動作しますから、将来に渡って莫大な時間を、

浪費するか、

短縮するか、

大きな違いが生まれます。

旧宅でのゴミ捨て動作に関する先の例では、

シンクで発生したゴミを持って、振り返って、1メートル離れたゴミ箱にポイ、

たまに床にポタポタ水が垂れるので、水を拭き取る無駄な時間も発生していました。

感覚的には今と5秒差はありますね。

ちょっと動作時間を計算してみます。

ゴミ捨て作業時間5秒差、およそ20回ポイで、

1回5秒差×1日20回ポイ=100秒(1.7分)

1週間で、

100秒×7日=700秒(11分)

1年で、

100秒×365日=36500秒→608分→10時間!

ゴミ箱配置はリフォームなど15年はそのままだと、

1年36500秒×リフォームまで15年=547500秒

→9125分→152時→6.3日

毎回ほんの数秒ですがチリツモで、時間をまとめてみると、もったいない時間を捨てていることになります。

ゴミ箱置き場以外にも、時短になる動作やレイアウトが他にいくつもあるはずです。

折角高いお金を出して家づくり(またはリフォーム)をするのなら、時短になる間取り・レイアウトにして、大金払った分、時間を買いましょう。

時は金なりですね~

その2 リビングから見えないので生活感が出ず見た目が良い

あまり美しくない物は隠すべきです。

特にリビングと繋がったオープン型のLDKは、来客対応もありますから、生活感がグッと出るキッチンの大きいゴミ箱は見苦しくなります。

対面キッチンの場合ですが、シンク下にゴミ箱を置けばリビングからは見えません。

壁付けのI型やL型なら隠すことに関しては、扉を付けるなど別の手段がありますが、作業効率が犠牲にならないような検討が必要ですね。足で踏んで開閉できるフラップ式扉とか?(^^;

f:id:warm-living:20160320173522j:plain

ペニンシュラ型ですと一方がどん詰まりですから、そこにゴミ箱を置く事も考えられます。「リビングから見えない」は達成できますが、作業効率を考えるとシンク下がいいですよ~

収納は他へ持っていけないか検討してみてください。

その3 椅子が使える

膝を痛めている場合や、長時間の立ち作業になると足腰に負担がかかりますので座って作業したい場合もあります。もしくは将来老いて足腰が悪くなった場合、椅子を使って作業する場合が考えられます。

そんなときは調理台・シンク下をゴミ箱置き場としてオープンにしていると、キャスター付き椅子、または車いすを使って作業ができます。

f:id:warm-living:20160416180816j:plain

LIXIL|車いす・高齢者配慮キッチン| ウエルライフ

次の機会があればキッチン下はオープンにしたい

我が家のアイランドキッチン「クラッソ」では、シンク下をオープンにしてゴミ箱を置いています。

f:id:warm-living:20160327183522j:plain足ふきと足つぼマットもおいて皿洗い時に踏み踏みしています☆

オープンスペースがあると、

  • ゴミ箱置き場として効率よくポイ動作ができる
  • 荷物をチョイ置きできる
  • 椅子が使える

など使用用途が広がって便利です。

我が家はふつ~のゴミ箱ですが(^^; こちらのオシャレなゴミ箱なら気分よく調理ができる?

ゴミ箱 (5L, ホワイト) 7種類の色 3種類のサイズ ペダルペール スチールラウンド型 ワンタッチ おしゃれ さまざまな種類が いろいろな場所で 使用可能 5L/12l/20L

こちらの自動開閉フタのゴミ箱ならポタポタ汁が垂れるゴミでも、汚さずにポイできそうですね!

今ではもっとオープンでもよかったかなって思っています。

f:id:warm-living:20160416182524j:plain

Panasonic

f:id:warm-living:20160416174559j:plain

f:id:warm-living:20160416175519j:plain

サンウェーブ「アクティエス」(※現在はリクシルと合併)

シンク・調理台・調理機器の下を全部オープンにして、生活スタイルの変化に応じて必要なキャビネットやゴミ箱や椅子やその他必要なアイテムを追加、入れ替えをしていくのも良いですね。
リフォームとか、次にキッチンを入れ替える機会があればシンク・調理台下はオープンにしたいなって思っています。

最近はカラフルなゴミ箱が増えて、部屋のオシャレがしやすくなっています。コレなんかどうでしょう?でもシンク下では無理そうなので…パントリーならOKですね。

スタイリッシュなゴミ箱。燃やさない系ごみに最適、と思います。

umbra スリムゴミ箱 SKINNY CAN(スキニーカン) ブロンズ 7.5L 2082610-125

umbra スリムゴミ箱 SKINNY CAN(スキニーカン) ブロンズ 7.5L 2082610-125

 

関連記事

ページ上部へ戻る