家電

電気カフェケトルの選び方とおすすめ商品!おしゃれアイテムでおいしいコーヒーを

本サイトはプロモーションが含まれています

電気カフェケトルの選び方とおすすめ商品

ウチの子が乳児の時、ミルクづくりでお世話になった電気ポット「とく子さん」の調子が悪くなったので、電気ケトルに買い換えることにしました。

電気ポットはお湯を常時保温できるので大変便利でしたが、

  • 電気代が気になる
  • コーヒーが淹れにくい(ドリッパーを使用中)
  • 赤ちゃん用ミルクはもう作らない

の理由から、電気ケトルを買うことにしました。
さらにコーヒーに特化した「電気カフェケトル」が欲しいです!

でも「電気カフェケトル おしゃれ」とかで検索すると、こんなにたくさんヒットしてすぐに選べません…。

おしゃれな電気カフェケトルたち

【メーカー例】バルミューダ、カリタ、ハリオ、ボダム、山善、アイリスオーヤマ、ラッセルホブス、ビタントニオ、デロンギ、デバイスタイル、ドリテック、アピックス、ライソン、オクソー、ボナヴィータ、HIRO、ビアレグレ、…

など多数の商品が商品がヒットし、どれもすべてオシャレです!

でも見た目だけで選ぶと、失敗の可能性があります。
あなたのライフスタイルに合った機能に注目して選ぶと失敗はしません。

このページでは、電気カフェケトル(グースネックのドリップポット)の選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。

電気カフェケトルとは?おいしいコーヒーには必須アイテム!

「電気カフェケトル」とは、こんな形の電気で湯を沸かすやかんです。
グースネックの電気ケトル
火を使わずお湯を沸かせるので、安全です。

電気カフェケトルの特徴

  • 電気で沸かす
  • とってもオシャレな外観(インテリア映えします)
  • 注ぎ口がストローのように細く長い(この形を「グースネック」といいます)
  • 「狙った場所」に「必要な量」のお湯を注げる(そのため、おいしいコーヒーが淹れられる)
  • 容量は600ml~1200ml(800mlの商品が多い)
  • お湯を沸かすだけの単純機能(電気ポットのように長時間保温できない)
  • 保温機能付き商品なら忙しい朝に便利(すぐオカワリできる)
ドリップコーヒーを淹れるバリスタ

どれを選んでも、ハイセンスでおしゃれな商品だと思います。
バリスタ(コーヒー淹れる職人)さんはグースネックのケトルを使います。

でも電気カフェケトルが残念な点ははこちら。

電気カフェケトルのデメリット

  • 「焼きそばUFO大盛」にお湯を注ぐのに時間がかかる(ドバドバ注げない)
    参考:日清焼そばU.F.O.大盛 必要なお湯の目安量700ml
    600mLのコンパクトなカフェケトルではお湯が足りません😓
  • インスタント麺と同時にコーヒーを淹れると、お湯が足りない(容量は多くない)
  • せっかちに、大きく傾けるとフタ部分からお湯があふれる(やけどの危険!)
  • 沸かすと本体は激熱、触るな危険!(電気ポットのように断熱されていない)

グースネックのカフェケトルでは、優しい傾け具合で、心静かに注いでください。
急いでせっかちに使うと、ヤケドの恐れあり。

似た商品である「電気ポット」と「電気ケトル」について、違いはこちら。

電気ポットと電気ケトルの違い
電気ポット
電気ポット
2L程度のお湯を、長時間保温するための家電。
電気ケトル
電気ケトル
1L程度のお湯を素早く沸かすための家電。
電気カフェケトル
カフェケトルのイメージ
800ml程度のお湯を素早く沸かし、コーヒーやお茶を淹れやすく作られた家電。

おすすめのカフェケトルを見てみる↓
カフェケトルいろいろ

電気ポットの特徴をもう少し詳しく

「とく子さん」のようなこんな形の、電気でお湯を作って長時間保温するためのポット、魔法瓶です。

電気ポットの特徴

  • 2L程度のお湯を長時間保温できて、お湯がすぐ使える(常に電源オン)
  • 多くは1000W未満で、素早く沸かせない(保温機能に特化)
  • 本体を触っても熱くない(断熱されている)
  • 上部のボタンでお湯がドバドバ出せる(電動式、エアー式がある)
  • 本体と電源コードがすぐ分離してしまう(いつの間にかコードが外れてて使うとき「冷めてるじゃん!」ってなるやつ)
  • カップ麺や赤ちゃん用ミルクは作りやすいが、コーヒーはとても淹れにくい

電気ポットで次のような現象が出たら、買い替え時です。

電気ポット寿命のサイン

  • 上部のエアーでお湯を出す押し板をプッシュしまくっても、スカスカしてお湯が出ない
  • 注ぎ口からお湯がだらだらと本体を伝って垂れる
  • 本体と磁石でカチャッとつなげる電気コードが接触不良で、何度も電源が切れる
yoshio
yoshio
かつて、赤ちゃん用ミルクで使っていた電気ポット「とく子さん」でしたが、上記の不調が数か月続き、買い換えました。
あなたで作ったミルクのおかげで子供は元気に育っています。
長い間お疲れ様でした。
電気ケトルの特徴をもう少し詳しく

電気でお湯を沸かす「やかん」で、素早くお湯を作る家電です。
こんなアヒル口が基本。

電気ケトルの特徴

  • お湯は使うたびに沸かす(長時間の保温はしない)
  • 多くは1000W程度あり、素早く沸かせる
  • 本体は断熱タイプと非断熱タイプがある
  • 電源台から取り外し、本体を傾けてドバドバお湯を注ぐ(ドリップコーヒーだと、ぶぁっと吹きこぼれちゃう)
  • インスタントラーメンに高速でお湯を注げる

インスタントラーメンをよく食べるなら、電気ケトルがおすすめです。
使うときにしか沸かさないので、電気ポットより経済的。

グースネックのケトルは「サードウェーブコーヒー」に必須アイテム

大波が3つのイラスト(サードウエーブのイメージ)
サードウェーブコーヒー(第3世代のコーヒー)はご存じでしょうか?
カフェケトルを探すまで、私は知りませんでした😅

  • 【ファーストウェーブ(第1世代)】
    麻袋に入ったコーヒー豆19世紀後半からコーヒーが安価で飲めるようになり、急速に家庭に広がった「アメリカンコーヒー」。
    「大量生産・大量消費」の、普段飲みの気軽な嗜好品。
  • 【セカンドウェーブ(第2世代)】
    1970年代、スターバックスが登場し、持ち帰り系コーヒーが大人気に。
    エスプレッソをベースにした香りがよいコーヒーで、シアトル系コーヒーとも呼ばれている。
  • 【サードウェーブ(第3世代)】←今ココ
    1990年代から台頭し初め、ハンドドリップで1杯ずつ丁寧に抽出し、極限までおいしさを追求したコーヒー。
    バリスタと呼ばれる、コーヒーを淹れる職人が注目され、世界選手権の開催やテレビCMでも登場しています。
    「バリスタが選んだ○○コーヒー」とか。

日本には純喫茶が昔からありますよね。
でも海外では、セカンドトウェーブを見直し原点回帰へ、純喫茶のようなコーヒー本来のおいしさを求める動きになっています。
世界は日本に追いついた!?
参考:昔ながらの純喫茶を再評価

究極のコーヒーを淹れるためには専用の道具が必要で、その一つがグースネックのケトルです。
オシャレ系雑貨店に行くと、コーヒー道具が色々あります。
一般人も家庭で究極のコーヒーを飲みたいという、コーヒー第3世代の現象ですね。

↑目次に戻る

電気カフェケトルの選び方

まず先に、選んではいけない商品はこんな感じの、
サクラチェッカー」で「危険」判定の電気カフェケトル商品例(選んではいけない商品)
サクラチェッカー」で危険となっている商品は選んではいけません。

某電気カフェケトルのAmazonの評価(ヤラセです)

「危険」判定の商品は、Amazonの口コミで高評価を付けているコメントはウソの可能性大です!
失敗したくなければ、「危険」判定商品は避けましょう。
他にたくさん良い商品がありますから!

選ぶポイントはこちら。
項目をクリックすると下記の詳細解説に移動します。

電気カフェケトルの選び方
沸かせるお湯の量二人以上の家庭なら800ml以上欲しい
消費電力沸かす時間と電気代のお得さで1000W以上がおすすめ
温度調節機能究極のコーヒーを淹れたいあなたには必要な機能
保温機能時短家事のためには必要な機能
沸いた後のアクション自動保温に移行してくれると時短家事に
見た目・デザインほとんどのカフェケトルはオシャレにできています
口コミ評価ほぼネガティブコメントで不満無し商品は無く、購入前に欠点を把握しておく
価格当然多機能ほど高価で、生活スタイルで必要な機能を絞りましょう

見た目のデザインだけでテキトーに選ぶと失敗しますよ。
毎日使うなら、見た目よりも機能に注目してください。(どれを選んでもおしゃれな外観ですから)

おしゃれなカフェケトル一覧へ↓
カフェケトルいろいろ

【PR】

最大容量(沸かせるお湯の量)

「一人暮らしだし、コーヒー2杯分あれば十分」というあなたは、400mlサイズのこちらはいかがでしょうか。

アピックス 温調電気カフェケトル AKE-290
容量:0.4 L
ワット数:650 W
機能:保温機能, 温度設定機能

\ひとり暮らしのオシャレアイテムに/

カップ麺づくりには向かないけど、コーヒーなら問題無し。オシャレさ重視ならおすすめ!

銅の色がインテリア映えして購買意欲がグッと来ました。

でも、インスタントラーメンとコーヒーを同時に作る場合、湯量は600ml以上あったほうが良いです。
カップ麺とマグカップの湯量はこちら。

カップヌードル300ml
マグカップ200ml~300ml
普通のコーヒーカップ180~200ml
デミタスカップ60~90ml

我が家の朝は、

  • 夫婦でコーヒー200ml×3~4杯(600~800ml)
  • 皿洗いでお湯ぶっかけ(お湯は油落ちがスルッと)

なので、最低800ml、できれば1000ml以上で探しました。

朝は忙しいので、
「お湯が足りない!」ってなったら不便すぎます。
デザインよりも湯量の優先度が高いはず。
(ということで我が家では「アピックスAKE-290」は落選…)

下記おすすめカフェケトル比較表では、最大容量を掲載しております。

選び方ポイント一覧に戻る↑

消費電力

アナログ電気メーター

各商品を調べたところ、商品電力は650W~1250Wとなっています。

「消費電力が小さいほうが省エネだから良い?」
って思ったあなた、それは間違いです。

早く沸かしたいなら消費電力は大きいほうが有利です。
そして実は、早く沸くので電気代が安くなります。

公式サイト記載の沸騰時間目安の例
山善
800ml・1000W
5
ラッセルホブス
800ml・1200W
4
電気カフェケトル「山善 YKG-C800」電気カフェケトル「ラッセルホブス 7410JP」

こちらのようにワット数が大きいほど早く沸きます。

冬は冷たいし、夏はあったかいので、あくまで目安の時間です。
多くは「水温25℃」での沸騰時間を記載しています。

公式ページに記載の沸騰時間から、1000ml当たりの沸騰までの電気代を算出してみました。
その中で最安・最高は次のようになりました。
(公式ページに沸騰時間の記載が無い商品は算出できませんでした)

1000mlあたりの最安値と最高値の電気代
電気代最安値
ラッセルホブス(7412JP)1250W
2.58円
電気代最高値
ハリオ(EVKB-80HSV)900W
3.29円
電気カフェケトル「ラッセルホブス 7412JP」電気カフェケトル「ハリオ EVT-80-HSV」

※1kWhあたりの27円で算出(正確には電力会社からの明細書でご確認ください)

↓クリックして開く

電気代算出方法

沸くまでの電気代=消費電力(W)÷1000×沸騰までの時間(h)×1kWh当たりの電気代

電気代算出方法:@niftyでんき

通常1kW単位で電気代を出すので、ワット表示を1000で割って1kW単位にします。
(例)
900Wの家電は0.9kW
1250Wの家電は1.25kW
になります。

具体的に算出します。
「ライソン」1000W・1000ml、は6分で沸騰
 ↓
1000Wは1kW
6分は0.1h(6/60分です)なので
 ↓
沸くまでの電気代
=1kW×0.1h×1kWhあたりの27円
=2.7円

※1kWhの単価は、お住まいの地域と契約内容で異なります

電気代最安値「ラッセルホブス」2.58円、365回(1日1回の1年間)の電気代
2.58円×365回=941.7円

電気代最安値「ハリオ」3.29円、365回の電気代
3.29円×365回=1200.85円
差額は259.15円
…まぁ大した差じゃないかもですが。

意外にも、900Wよりも1250Wのほうが電気代はお安くなります。
1000W未満の商品の多くは、沸騰までの時間が記載されていません。
「電気代かかります」がバレないように??

ということで消費電力が大きい商品をおすすめします。
沸くの早いし電気代安いし、不都合無し。

下記のおすすめカフェケトルケトル比較表では、消費電力の数値も参考にしてください。

ちなみに海外では3000Wの電気ケトルもあり、もっと早く沸きます。

でも日本の一般的な家庭のブレーカー1回路は、
 電圧100V×電流20A=2000W
なので、3000Wの製品だとブレーカーが落ちますね…。
海外家電を買う場合はご注意ください。
電気回路をアップグレードした業務用です。
電圧200Vに切り替える話題もお読みください。

そしてAmazonの口コミ評価に利用者の画像掲載がありましたが、コンセントの形状も3芯でした。
改造なしでは日本の一般家庭では使えないです。

IHクッキングヒーターなら3000Wで沸かせますよ!
1Lなら約2分で沸騰します。
(2分は、トイレ行って戻ってきたら沸いている時間です)

高速で沸かしたい場合はIHを使っています✋

選び方ポイント一覧に戻る↑

温度調節機能

OXOカフェケトルに温度計を差した挿した(約27.5℃)

お茶やコーヒーは、抽出に最適な温度があります。
できれば最適な温度で淹れたほうがおいしく飲めます。

コーヒー92℃
ほうじ茶98℃
粉ミルク70℃
玉露60℃

味なんてあまり気にしない、って場合は、沸騰するだけの商品にすれば安く買えます。

でも究極のコーヒーを求めるあなたは、温度設定機能付き商品を選んでください。

また、温度設定には1℃単位の商品、決まった温度から選ぶ商品があります。
1℃単位で調整できる商品は、価格がお高めになります。

選び方ポイント一覧に戻る↑

保温機能

保温のイメージ(マグカップを手で包み込む)

沸かすだけ機能の商品は、沸かした後は電源がオフになり、そのまま冷めていきます。
もし2杯目、3杯目とオカワリをするなら、設定した温度を保っているとすぐ使えて助かります。

保温の方法は、設定温度から数度下がると再加熱する仕組みです。
電気ポットと違い、ほとんどの電気カフェケトルは、断熱構造ではないのですぐ温度が下がります。
よって何度もヒーターがオンオフを繰り返すので、電気代はかかるはず。

でも時間優先のビジネスパーソンなら、保温機能必要では?

選び方ポイント一覧に戻る↑

沸いた後のアクション(電源オフor自動保温)

沸いた後のアクションのイメージ

沸いた後のアクションに不満を持つ口コミがいくつかありました。
例えば「沸いた後のピーの音がうるさい」とか。

わざわざ「うちの商品はピーがうるさいですよ」は書かないと思いますが、某商品に「消音機能付き」とあるのは、うるさいの認識があるのでしょう。

もちろん、ケトルの場所から離れていることが多いなど、大きめのビープ音が必要な方もいると思います。

カフェケトルの沸いた後の動作パターンはこちら。

  1. そのまま加熱終了(電源オフ)
  2. 保温ボタンが押されるのを待つ(スリープ)
  3. 自動的に保温モードになる

このパターンにビープ音でお知らせ、あり・なしがあります。

忙しい朝ですので沸いた後は上記③の、自動的に保温モードに移行してくれると助かります。

沸いた後のアクションは、取説には記載していますが、公式サイトやAmazon、楽天の商品ページでは記載が無く、調べるのが面倒です。
でも下の比較表に記載しておきましたので、そちらでご確認ください。

選び方ポイント一覧に戻る↑

見た目・デザイン

カフェケトル デロンギ・アピックス・バルミューダ
もちろんオシャレな商品が欲しいです!
でも見た目だけで選ぶと失敗しますよ…。

見た目の良さは商品Aだけど、
機能はBが良い、
と悩まされます。

ブラック、ホワイト、カッパーなどいい感じ色した商品はたくさんあります。
でもAmazonのカスタマーレビューに「塗装(コーティング)がはがれた」「雑な塗装」の指摘が良くあります。
特にお安い商品は塗装剥がれにご注意下さい。
かっこいい商品写真に騙されないように…。
値段相応です。

下記カフェケトル比較表には、「本体カラー」の欄を設けてあります。
ブラック・ホワイトなど塗装の色か、塗装無しの素材そのままの色なら「素材色」と記載しています。
使っているうちに「剥がれるかも」を覚悟して、色をお選びください。

まずは、あなたの生活スタイルに必要な機能があるかどうかで候補A・Bを選び、最後に「AとBどちらが好みのデザインか?」で選ぶと良いでしょう。

毎日使うのであれば、デザインの優先度は低くしたほうが良いです。

ではあなたも楽しんでお悩みください。

選び方ポイント一覧に戻る↑

口コミ評価やYoutubeで最終判断

吹き出し

購入候補を挙げたら、念のため購入者の評価をチェックしましょう。
今では使い勝手を紹介しているYoutube動画が多数見つかりますので、そちらも参考になります。

たまに「電話対応がダメ!」など、商品の性能以外で低評価を付けられることもありますので、「その低評価は商品本来の機能か?」と見極めが必要です。

「コレ良さそう!」と思ったけど、購入をためらう不具合が口コミで見つかることも。

取っ手が壊れた
注ぎ口の付け根からお湯が漏れる
ふたが硬すぎる
塗装が剥げる
湯量のラインが見えない
不快なにおいが取れない

不具合や不満が一切ない完全無欠の商品はありません。
多少のネガティブは受け入れましょう。

そして口コミレビューの件数も判断材料になります。

件数が多い=売れている商品
 →何かポジティブな評価があるから売れている

とも考えられますよね。
もちろん新商品なら口コミ件数は少ないですが。

投資においては「逆張り」の手法もありますが、商品購入に関しては口コミ件数多い「順張り」が安心できます。
下記おすすめカフェケトルの特徴比較表では、口コミ件数の欄を設けておりますのでご参考ください。

選び方ポイント一覧に戻る↑

価格

お札とガマ口のイラスト

沸かすだけの安価なものだと2千円台、
温度調節や保温機能が付いていると5千円~1万円程度、
さらに高級品だと2万円以上します。

便利機能が付くほど、比例して価格が上がります。

選び方ポイント一覧に戻る↑

↑目次に戻る

おすすめの電気カフェケトル一覧

できるだけ自分好みの商品を選びたい!というあなたは以下で紹介する、商品一覧をチェックしましょう。
できるだけ多くの商品を見ると良い商品に巡り合えます。

紹介している商品たちは『さくらチェッカー』で確認済みの、ダマし無しの安全な商品たちです。

名称 画像 容量消費電力温度設定
山善
EGL-C1280
カフェケトル 山善 EGL-C1280800ml1200w6段階プリセット(60、70、80、85、90、95℃)
および1℃刻みで60~100℃
OXO
8717100
カフェケトル OXO 87171001000ml1250w1℃刻みで40~100℃
デロンギ
KBOE1230J
カフェケトル デロンギ KBOE1230J1000ml1200w5段階プリセット(50/60/80/95/100℃)
ライソン
KDKE-10B
カフェケトル ライソン KDKE-10B1000ml1000w1℃刻みで40~100℃
ビタントニオ
VEK-10-K
カフェケトル ビタントニオ VEK-10-K800ml1200w1℃刻みで50~100℃
アイリスオーヤマ
IKE-C600T
カフェケトル アイリスオーヤマ IKE-C600T600ml1200w5℃刻みで60~100℃
ボナヴィータ
BV382510V
カフェケトル ボナヴィータ BV382510V1000ml1000w6段階プリセット(60、80、85、88、96、98℃)
および1℃刻みで60~100℃
ラッセルホブス
7410JP
カフェケトル ラッセルホブス 7410JP800ml1250wなし(沸騰のみ)
バルミューダ
K02A
カフェケトル バルミューダ K02A600ml1200wなし(沸騰のみ)
ドリテック
PO-350SV
カフェケトル ドリテック PO-350SV1000ml900wなし(沸騰のみ)
ハリオ
EVT-80-HSV
カフェケトル ハリオ EVT-80-HSV800ml900w1℃刻みで50~96℃
沸騰モードなら100℃
デバイスタイル
KA-800C
カフェケトル デバイスタイル KA-800C800ml1200wなし(沸騰のみ)
ボダム
11883
カフェケトル ボダム 11883800ml1000wなし(沸騰のみ)
アピックス
AKE-277
カフェケトル アピックス AKE-277700ml900wなし(沸騰のみ)
アピックス
AKE-290
カフェケトル アピックス AKE-290400ml650w1℃刻みで60〜100℃
ビアレグレ
VD-K121
カフェケトル ビアレグレ VD-K121800ml900wなし(沸騰のみ)
HIRO
KTK-370
カフェケトル HIRO KTK-3701000ml1000wなし(沸騰のみ)

私は家事をできるだけ時短したいので、機能重視で選びました。

そして1つに絞り込んだ完璧最強商品は…
「OXO(オクソー)」です!

OXOの電気カフェケトル
OXOのカフェケトル体験レビューはこちら

↑目次に戻る

電気カフェケトルの注意点

「思ってたんと違う(泣」とならないためにも、電気カフェケトルの注意点を要チェック!

↓クリックして開く

空焚きNG!最低水量以上の水を入れる
電気カフェケトルの空焚き絶対NG日本で買える電気カフェケトルはすべて空焚き防止機能が備わっていますが、破損や発火の危険があるので空焚きは絶対NG。
最低水量以上の水を入れて沸かしてください。
空焚き機能が発動してしまうと、完全に冷めるまで作動できません。
専用の電源台以外での過熱NG
電気カフェケトルは専用電源台以外の使用NGガス、電気ヒーター、IHクッキングヒーター、電子レンジなどで加熱はできません。
丸洗いNG!電極に水をかけない
電気カフェケトルの丸洗いNG電気製品なので外側に水をかけてはいけません。
内部を水だけですすぎ洗いしてください。
沸かしたときは本体に触れてはいけません
電気カフェケトルは沸騰後の本体は激熱火で沸かす普通のやかんと同じく、本体は断熱されていません。
沸かすと本体は非常に熱くなります。
いつか、断熱した商品が出てくれると嬉しいですね。
一応、カバー付きの商品はあります。
水以外を入れてはいけません
電気カフェケトルにジュースを入れるのはNGお茶、ジュース、スープ…はご法度、破損や腐食の原因となります。
2020年7月にやかんに入れたスポドリで食中毒の事件もありました。
とくに酸性の飲料を金属製容器に入れてはいけないを改めて認識する出来事でしたね。
本体を傾けすぎると、ふたから漏れます
電気カフェケトルを傾けすぎてふたから水漏れふたの部分から熱湯が漏れて危険!
普通のケトルのようにドバドバ注ぐ道具ではありません。
ちょろちょろ少量ずつ注ぎましょう。
せっかちな方はご注意下さい。
長時間の保温はできない
電気カフェケトル本体の素材はステンレス1枚ぺら、2重の断熱構造になっていない
ダイエットを決断したが3日目で気持ちが冷めた男
本体表面はステンレス1枚なので、「ダイエットを決断して3日目の気持ち」のように、すぐ冷めてしまいます。
商品によっては保温機能がありますが、冷めたら再加熱を繰り返す、の動作で温度を保っています。
最長1時間まで保温する商品がありますが、これ以上長く保温したければ、保温できる水筒に詰め替えてください。
使用後は電源プラグをコンセントから抜く
電気カフェケトルの使用後はプラグを抜く発火など事故防止のため使用後はプラグを抜いてください。
以前使っていた電気ポットは電源入れっぱなしOKだったので、毎回プラグを抜くのは面倒ですが、安全のため仕方ありません。
でも慣れれば手間に感じなくなりました。
標高の高い地域では沸騰しても100℃以下
標高2400mの看板地表は1気圧なので沸騰すれば100℃、標高が高い土地だと1気圧未満なので100℃以下になります。
標高別の沸点はこちら。
1000mで約97℃
2000mで約93℃
3000mで約90℃

容器の内側にソッコーで付着物が付く
電気カフェケトル内側の茶色の斑点「すぐに斑点が付いた」とAmazonの口コミがありました。
私が購入したOXOもすぐ斑点が出ました…。
某商品の取説にて、

本体内側の汚れ(白い浮遊物、虹色などの変色、赤サビ状のはん点など)は、水の成分の作用によるもので、容器自体の変色等ではありません。

の記載があるように、本体内側には斑点など不快な付着物が付きます。どうしてもダメな場合は電気カフェケトルの購入をお控えください。(ごしごし洗える電気じゃないカフェケトルを)

お手入れ方法


水道水には微量ながらミネラル分が含まれています。
長く使い続けると、白い水垢として付着してしまいます。
放置すると汚くなるし、加熱時間に影響が出てきますので、日々のお手入れと、たまに水垢除去をする必要があります。

  1. 使用後はお湯を全部捨てケトルを空にする
    補足
    変色、腐食防止、水垢の付着を抑えるためにも、水を入れっぱなしにしてはいけません。

    ミネラルウォーターを沸かすと、さらに水垢が残りやすくなるので、その時はよくすすいでください。

    また、ケトルの外側に水滴が残っていればふき取ってください。
    そのままにすると水垢が残ってしまいます。

  2. 内側の水垢が気になってきたらスポンジでこする
    補足
    電極部分に水がかからないよう注意しながら、ケトル内に水を入れて、柄の付いたコップ洗い用スポンジでこすってください。
  3. さらに水垢が付着してきたらクエン酸で除去
    製品ごとに多少違いがありますが、主に以下の手順になります。
クエン酸で水垢除去の手順
  • STEP.1

    ケトルにMAXまで水を入れ、クエン酸を入れる

  • STEP.2
    沸騰させる
  • STEP.3
    1時間放置
  • STEP.4
    お湯を捨て、水ですすぐ

たこ足配線注意!合計1500W未満にすべし

たこ足配線
電気カフェケトルの取説には「定格15A(100V)のコンセントを単独で使用してね」と記載があるはず。
これは火災の原因となるためです。

一般的に、コンセント1口は1500W(または15A)まで使えます。
そして1回路は2000W(または20A)まで。
コンセントの口が複数個所にあっても、ブレーカーまでつながっている回路が1つなら、1回路です。

電子レンジ
オーブントースター
炊飯器
電気カフェケトル

たちは、1000W程度の消費電力が大きい家電です。

これら家電を1回路で使用し、もし2000Wを超えればブレーカーが落ちますので、発火は避けられます。

でも、ブレーカー的にはセーフな2000W未満だけど、1つの電源タップで1500W以上の過電流状態にすると、発火の恐れがありとても危険です。

壁のコンセント不足で、どうしてもたこ足になってしまう場合もあるでしょう。
でもたこ足になったすべての家電を、同時に使用しないよう工夫してください。

家電は、

  • 一つのコンセントで使えるのは1500Wまで
  • 一つの回路で使えるのは2000Wまで

を頭に入れて、安全に使用しましょう。

参考:Panasonic 屋内配線

電気コードが短い件

私は、
1000W以上のキッチン家電の電源コードは、太くて短い?
とあきらめています。

Amazonで「電源コードが短い!」という、電気カフェケトルのご不満コメントがよくあります。

でも家電的はに仕方ありません。
電子レンジやオーブントースターの電源コードも、太くて短いですよね。

家電の電源コードは、当該商品が正常稼働する太さと長さにしています。
言い換えると、太くて短い電気コードほど電気がよく流れ、安全です。

太くてなが~い電源コードも可能だけど、商品をコンパクトにすることができません。
メーカーは私たちに、コードの延長を丸投げしているのだと思っています。

「他社さんも短いし、わが社だけ頑張らなくてもいいよね、短めにしとこ」
みたいな?

多くの電気カフェケトルの電気コードは1m以下なので、現実的には延長コードを使うでしょう。

先ほどのたこ足配線の件もあわせて、電源足りないよ問題を賃貸の旧宅で強く感じていたので、新築の際にはキッチンに2000W回路を2つ設けました。

電子レンジ
オーブントースター
が同時にチンできて、忙しい朝は助かっています!

これからマイホームを計画するあなたは、延長コード無しで接続できるように、キッチン周りには2000W回路を複数設けることをお勧めします!

触ると熱い!本体は断熱構造になっていません

「電気ケトル」や「電気ポット」は本体が断熱構造になっているから、沸騰して本体に触れてもヤケドしません。

でも電気カフェケトルは、なぜか本体が断熱構造になっていません。
絶対必要でしょ?

いつも使っているサーモスの真空断熱タンブラーのように、本体周りは断熱して欲しいです!
メーカーさんお願いします。

↑目次に戻る

【PR】

まとめ

このページでは電気カフェケトルの選び方やおすすめ商品を紹介してきました。

見た目だけで選んではいけません。
キレイな色した本体だけど、

コーティングが剥がれた(怒
というコメントが見られる商品もあります。

本体の色は、金属そのものの色なのか、ペンキ塗られた色なのか注目して下さい。
ペンキはいつか剥がれます。
私はコーティング無しの商品が、長く使えて経済的と思います。

そして機能面に注目して、自分の生活スタイルに合っているか確認しましょう。

では、ステキなコーヒータイムを楽しめますように!

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    ヨシオ

    このサイトの管理人ヨシオと申します。 仕事と子育てに忙殺されながら、必死に家づくりを計画してきました。 住まいに関してあなたに少しでもお役に立てるよう頑張ります。

    -家電